ウレタン試験体
引張試験


引裂試験
摩耗試験


フルウレタンの舗装材を現地試験したところ、衝撃減衰率、変位値、すべり抵抗の値がIAAFの規格を満足しないものも幾つかありました。
また、フルウレタン舗装材が下地アスファルトの経年劣化により徐々に舗装体として健全度を失い、年を経るにつれて、下からの蒸気の影響などで、それまでよりふくれやはがれが
見られるようになるのに対し、複合弾性舗装は下地の舗装にあまり影響されない通気性に富んだシステムのため、長期間安定した舗装体を形成しつづける特徴があります。


衝撃吸収測定
転倒時の安全性測定


すべり抵抗測定
変位値測定